メゾンエオブジェ2018年9月 MASON & OBJET PARIS September 2018

2018年10月09日

メゾン エ オブジェ2018年9月
パリで年に2回 1月と9月に開催されるメゾン エ オブジェに行って来ました。
場所はシャルルドゴール空港に近いParc des Expositions駅にあるパリ ノール ヴィルパント見本市会場。
RERでパリ中心部より1時間ほど掛かります。
世界よりインテリア小物、家具、装飾品、テーブルウェアなど「メゾン(家)」に関連するアイテムが集まります。
今回のお目当はベルギーのフラワーベースのブランドヘンリーディーン、ドイツのインテリア製品会社のガクスです。

ヘンリーディーンのブース。
ガラスという素材でありながら温かみを感じる花器、花とよく合うスモーキーカラーが素敵です。

ガクスのブース
商品だけでなくディスプレイも素晴らしくブースの存在感もありたくさんの人で賑わっていました。
ガラス吹き、カッティング、磨きなど全てドイツ国内の職人によるハンドメイドの花器です。

今回はいくつかの花器をガクスで注文しました。
花器によって表情の変わるお花。
花と花器の相性、相乗効果を考えながらこだわりを持っていきたいと思います。

MASON & OBJET PARIS September 2018

Declic Fleur went to see the exposition “Mason et Objet Paris”, which is held twice a year in January and September respectively in Paris. The location is at Parc des Expositions de Paris-Nord Villepinte, takes approximately an hour-RER ride to Parc des Expositios near CDG Airport.

Items gathered world over and exhibited here are all related to “MASON” – “HOME”, such as interior accessories, furniture, decorations, tableware.

This time, especially, we were really looking forward to visiting “Henry Dean,” the flower vase brand of Belgium, and “GUAXS,” the German interior-design Co.

Henry Dean’s booth :
Dean’s flower vase feels warm yet it is made of glass. It is so wonderful that a smoky color fits well with flowers.

GUAXS’ booth :
Not only GUAXS’ products but also their display were wonderful and the presence of their booth was also crowded with a lot of people.
Vases, which are done with glassblowing, glass-cutting, polishing, all are handcrafted by artisans in Germany.
This time we ordered a few vases straight from GUAXS.
A flower whose impression could be changed by a vase.
Declic Fleur would like to take commitment as we particularly consider interaction and synergistic effect between flowers and vases.

PREV
BACK
NEXT
  • INFORMATION

    Déclic fleur

    デクリック フルール

    営業時間:10:00−17:00
    定休日:木曜、日曜、祝日
    TEL:070-4784-5403
    FAX:092-713-0901
    MAIL:mail@declic-fleur.com

  • h2_02

    © Déclic fleur